SKATEBOARDER
PHOTOGRAPHER






FRIENDS
SKATEBOARD
FOTO
FILM
MUSIC
ART
PARTY



MAIL ohsho1924@gmail.com
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Vamos


もちろん子供達は
自分達で笑顔になる術を知っている
物も少なく、不便さも多々あるが
それがグルーブをうみだすきっかけになっている気がした
高校までの教育費、医療費は国が負担する国
 
- comments(0) trackbacks(0)
snap


35mm filmでの撮影
このくらいコントラストが弱くても
黒がつぶれずに奥行き感、物語感が出てくれるのが
やっぱりフィルムの良さなんでしょうね
酔って撮るとなんだこれとか、こんなの撮ったっけみたいな
写真が多くて困りますが
 
- comments(0) trackbacks(0)
Traffic


またCUBAの話にに戻るが

交通事情は決していいとは言えないが
自己責任的な考え方なので
あまり問題はないようだ、
横断歩道もほぼ無いし、歩行者は信号も守らない事が多い
車も、馬車もリアカーも犬も猫も同じ車道を騒々しくかけめぐる

 
- comments(0) trackbacks(0)
昨日、夏日


CUBAから帰って来て
桜にもギリギリ間に合い
仙台、気持ちいい気候続いております。

 
- comments(0) trackbacks(0)
Religion in Cuba


CUBAの宗教事情は様々なようだ
無信教者も結構多く
最近では国民の半分が無宗教らしい
最も多い宗教はカトリック系
この女性の全身を白い服で多い、カラフルなネックレスをまとうのは
名前を覚えてはいないがカトリック系の信者で
ネックレスの色で神様の種類が変わると聞いた
カラフルな彩りの多い街角で純白のこのコントラストが冴える
- comments(0) trackbacks(0)
SLOPPY JOE'S BAR


3日目の夜にホテルの近くのこのバーにて
この先のCUBAでの生活を左右する人、ガブリエルと出会う
このバーでの従業員でもあり、カメラマンでもある
カメラ、写真談義に花が咲き、うちにまで連れてってもらい
家族での食事にも招いてもらった
左も右もわからなかったこの街に
かなり明るい光がさした
 
- comments(0) trackbacks(0)
鉄格子


7時10分
夜の散歩もあまり危険なくできる
日本語が上手なキューバ人には気をつけろと言われてたが
みんな日本の文化や社会経済には結構興味があるようだ
サムライ、ハラキリ、イチローなど笑顔でよくよく話しかけられる


 
- comments(0) trackbacks(0)
配給


社会主義国にはかかせない配給制度
厳密には格安にて購入するようだ
パンや卵などは週一での配給らしい
朝一から街角のあちこちでにぎやかな行列ができている
- comments(0) trackbacks(0)
Caribbean Sea


Habanaを語る上でかかせない海、カリブ海
ここからマルコポーロがやってきて
この地をみつけ文明をおとしていった
奥に見えるのが要塞の跡で、Cubaのあちこちにみられる
スペイン軍が他の国や海賊からの侵略を守る為につくられた

市街地から歩いて10分くらいでこの景色
毎日、訪れてサンセットに冷たいビールと音楽で極上を極め
自分達が最高〜みたいな気分に瞬間的にひたり
現実を遠くに置くことができた
やっぱり海は広い
- comments(0) trackbacks(0)
Sloppy dog

犬や猫の野良&放し飼いもよく見る風景
だが人や犬猫どちらにも警戒心は少なく
ストリートに共存してのんびり
幸せそうにみえる
交通量の激しい交差点などもうまく車を交わしながら
行きたいところ、会いたい事を求めてゆく

さてこちらは
時差ボケに狂わされて
帰って来てから
毎朝4時くらいに目が覚めて
そこから眠れなくなり
昼が過ぎ夕方には眠気が襲う
社会に復帰する前にどうにかしないとな

これも今回の旅の
余韻というのか。。。。。
- comments(0) trackbacks(0)
<< | 3/104 | >>